2013年1月
sun mon tue wed thu fri sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 
 
 
« 地鎮祭行いましたメイン足もとの再確認 »
2008年6月17日
地盤調査の様子

地盤調査の様子です

表面波探査式地盤調査法という工法を採用しました。
下の写真は、起振機から地盤に振動を与えているところです

地盤調査 編集済.jpg


表面波探査式地盤調査法とは・・・

地面をゆらして、地面を伝わる波(振動)の速さを測定し、地盤の硬軟を判断します。
データの変化から、地層の境界を判別し、各層ごとに支持力や沈下特性がどのくらいあるかがわかります。

一般的な、スウェーデン式サウンディング試験(SS試験)より、
明確な地盤データが得られるとのことです。

調査料は、SS試験よりも少し割高になりますが、
このデータをもとに、適正な地盤改良を行いますので地盤に対する余分なコストが必要なくなり、
全体的には お客様の金額的な負担が少なくなるということです。

今回はお客様と相談の上でこちらの調査法を採用しました。

SS法とは・・・
先端がスクリューになったロッドを回転させながら、25cmごとに地面に貫入させていきます。
25cm貫入させるための回転数により、地面の軟硬を判断する方法です。

一般的には、こちらの調査法が主流となっております。


投稿者:miyajima